読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄と文化

実用的ブログ

optparse-declarative のコードリーディングから型レベルプログラミングを学ぶ

この記事は Haskell Advent Calendar 2016 の9日目の記事です。 とか云ってもう11日ですね、ホントすみません。 8日目は @phi16_ さん、10日目は @bra_cat_ket さん でした。 Haskell を書き始めてはや5年、Monad や Applicative は使いこなしているけど、そ…

九九表のすべてのマスの和

takatoh 様 が同じ問題を Ruby と Scheme で解いてくださいました。許可を得て転記させていたいています。 Ruby 版の簡素さはさすがという感じです。そして、Scheme 版の S式 は慣れないと読めないし分からないのが面白いですね。takatoh 様、本当にありがと…

Haskellで目指せワンライナー! 〜 1行コードでがんばる 〜

これはHaskellアドベントカレンダー2015の(2日遅れの)8日目の記事です。 本当にすみませんでした。 導入 小さな部品(関数)を組み合わせて大きなプログラム(関数)を作り上げる、これこそが関数型の醍醐味かなと思います。 しかもHaskellは標準関数も豊富で、…